蜑阪∈
谺。縺ク

SFAとCRMの違いについて

営業活動を行う際に便利なSFAですが、類似したツールとしてCRMというものもあります。SFAとCRMそれぞれにはどんな違いがあるのでしょうか。
SFAは営業活動の支援を主に行うシステムのため、案件管理などそれぞれの担当者の取引の進捗状況などを把握する機能があります。またそれぞれのスケジュールの把握やチーム内での商談の情報を共有することにより従来よりも効率よく営業活動を行えるようにします。一方でCRMは既存の顧客の中で特に売り上げの多い企業を抽出したうえで、それらの顧客への販促を行うといった機能や顧客となりうる層がどういった属性であるかを分析する機能を持っています。
このように元々SFAとCRMは管理する相手が顧客か社内の営業チームかという点で大きく違っています。しかし最近ではSFAとCRMで機能が重複している場合も珍しくなく両者の差は曖昧となっている部分もあります。
しかし案件管理や名刺管理・顧客情報の分析など、どちらか一方にしかない機能もあります。ですので、自分たちにとって必要な支援が営業活動に関してなのか既存顧客に関してなのかをしっかりと判断してから導入するようにしましょう。

Page Top